マリンバを演奏する

 小学校1年のときから、マリンバを習った。よくある話しで中学校に入ってからは勉強やクラブ活動が忙しくて止めてしまった。大学へ入ってから、また弾きたいと思い、福来実先生に師事して、また弾き始めた。学生時代にアルバイトをしてコンサートマリンバを購入した。この楽器は今でも使っている。

 最近はというと、忙しくて楽器を弾いて楽しむ時間が無い。絶えず弾いていないと手が動かなくなっていまう。かつて仕上げた曲を弾こうと思っても、頭の中では音符が浮かぶのだが、手が動かない。この写真は子供のビアの発表会のとき、余興で弾いているシーンである。最近、唯一、人前で演奏したときの写真である。

 今の自分の専門分野から見ると楽器は面白い。楽器を弾いていると、楽器というのは音楽を奏でるインタフェースとして良くできていると思う。易し過ぎると面白く無い。適当な難しさが必要なのだ。長い歴史の中で、技術的に見ても適当な形となっているのだろう。

  


戻る