CANON AE-1 Program

キヤノンAE-1 Programの写真
 このカメラは社会人かけだしのころの1981年に購入した。「連射一眼」で一眼レフの世界を変えたAE-1の後継機であるが、自動化カメラの先駆けでもあったA-1の要素も入っていると思う。AE-1と比べた大きな相違点は形式名にもあるようにプログラム方式のAE機構であろう。当時、連動するスピードライトも購入して、今でも使っている。

 1980年代前半は、一眼レフの電子化競争が一段落し、AF競争が始まる前の時期だったと思う。激しい開発競争の中でミランダやペトリは消えていった。このコーナーでも紹介したように僕はミランダを愛用していたのだが、購入してから10年以上使ったこと、メーカーが倒産して修理に不安があったこと、社会人になって金銭的に余裕ができたことから一眼レフ購入を決意した。当時は小型・軽量の一眼レフはオリンパスのOMシリーズ、ペンタックスのKマウントのMシリーズがあったと思う。キヤノンの一眼レフは他社に比べて若干大ぶりであったが、手に馴染むのでこの機種にした。選択肢としてF-1も魅力的であったが、重かったこと、高価であったことから買わなかった。正直な話しとして、いつかはF-1を買おうと思っていたが、そうしているうちに製造中止になってしまった。

 学生のころ所属していた研究室が光学を専門としていたので、指導教授と有志学生とで、AE-1を生産していたキヤノンの玉川事業所を見学させて頂いた思い出がある。説明して下さった方がAE-1の部品点数の削減と電子化の努力について熱っぽく話されたことを鮮明に覚えている。


戻る