Eastman Kodak Baby Brownie Speical

 このカメラも米国勤務中に近所の住宅街のガレージセールで手に入れた。かわいい子供が、"It works! I think, perhaps, , , と言って売っていた。価格は後で述べる壊れた別のカメラとセットで2ドルだったと思う。ベスト版(127)フィルムを使う。単レンズ、単スピードシャッタ、固定絞り、いたって簡単な構造のベークライト製ボディのカメラである。現在、ベスト版のフィルムが手に入りにくいので、撮影を楽しむには難がある。

Kodak Baby Brownie

 同時に買った壊れているカメラは、同じくEastman KodakのBrownie Hawkeye Flush Modelである。6×6版カメラである。落下させたようで、ボディの一部が欠けており、光漏れを起こしてしまっている。欠けている部分はごく一部なので、暇を見つけて樹脂で埋めて撮影できるようにしたいと思っている。

左はBaby Brownie Special、右はBrownie Howkeye Flush Model


戻る